--------------------------------------------------------------------------------------------

■電圧と放電状態の相関係

    残量状態                                              ※ディープサイクルの場合

            過放電領域           深放電領域            通常放電領域

 

□ディープサイクルバッテリーとは言えども過放電領域まで放電をさせてなお且つ1週間以上

  放置した場合は性能が完全に回復しない可能性が極めて高くなります

□また、放電した場合の充電はOPTIMA専用充電器OPC−3000/OPC−2410以外では回復不能です

 

過放電等により性能低下した場合の見分ける方法

  それは唯一バッテリーアナライザーになります

このページのURL   www.gw-i.com/html/optima/g.html

 

0PTIMA  バッテリーアナライザー  GTP−074  

新発売中!  ¥ 9,800( 税別)   (バッテリー診断機/テスター)

------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

0PTIMA専用充電器  OPC−3000 VerV (blackバージョン)

¥19,800(税別)  ※6V電池は2台直列使用になります

■印刷用pdf資料■(クリック)

注意!                                     

昨今、ネット上等におきましてオプティマバッテリーの充電特性機能を

持っていない類似品を専用充電器として広告販売を行っている業者があります。

深放電等の状況から回復出来ないばかりではなく過充電等により

バッテリーにダメージを発生させる危険が非常に高い為、十分に御注意下さい。 

※特にACデルコボイジャー用充電器はOPTIMAには不的確ですので使用しないで下さい。 

2010年10月以降よりコードが防水ソケット式に変更 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

0PTIMA専用充電器  OPC− 2410  ■24V 用充電器

¥38,000(税別)  ※6V電池は2台直列 充電×2セット仕様になります

※維持充電機能が追加になりました(維持充電機能のON/OFFは出来ません)

■印刷用pdf資料■(クリック)

                                                       

---------------------------------------------------------------------------------------------------

        
 

OPTIMA RED TOP 6V専用充電器

OPC−0620

■AC100V入力(50/60HZ)

■消費電力:337W

■消費電流 3.3A

■深放電回復機能:端子開放電圧/2.0V

■出力電圧:7.4V(最大15.0V)

■出力電流:20A(最大20A)

■寸法 横212mm×奥180mm×高さ92mm

■総重量:2400g

■定電圧:7.4V

■充電完了:0.5A以下で手動停止

■維持充電機能:6.6V    

                                      

 

 

 

 

    

 

0PTIMA  内部抵抗値測定器  GTP−052S    

リニューアルにて新発売!  ¥ 75,000( 税別)

 

夜でも見やすいバックライトつき

充電不足又は致命的な不良かの

判定が可能!

 

規格    

表示内容:DC電圧/外気温 極板内部抵抗値

サイズ:160(H)×100(W)×42(D)mm

●コード長:1000mm 重量:450g

●液晶バックライト 

●電源オートオフ機能(30分後) 

●未接続ランプ 

●使用電源7V以下で自動シャットダウン 

10mΩ,100mΩ,1000mΩの3レンジ測定対応

 

 

バッテリーの実力を示すCCAは内部抵抗値が

小さくなるほどその数値は大きく

(高性能に)なり逆に抵抗が大きくなった

バッテリーは自己放電も多く

バッテリーの寿命としては末期です。

その内部抵抗値を正確にしかも簡単に

測定できるのがこのGTP-052です。

バッテリーの不調を訴える

ユーザーへの買い替え時期のアドバイスや

現行使用中のバッテリーの診断などに

お使いいただけると思います。

 

   

 

0PTIMA  内部抵抗値測定器  GTP−052S

                {写真をクリック}                                              

 

他のメーカーの液入り開放型やドライバッテリーの内部抵抗値の測定も可能です。

OPTIMAの正常基準値のデータベース付き